第二回こっそり会出品酒説明
PICT_20161103_190530

青森 西田酒造
田酒 純米大吟醸 四割五分

田酒年一回の限定酒。

去年のこっそり会にもありましたね。

山田錦45%精米。

上品な香り、
旨味もしっかりあり、
バランスの良さは何も言う事ありませんね。

PICT_20170226_182450

青森 西田酒造
善知鳥 大吟醸

先程の田酒で知られる西田酒造の、
年一回の限定酒。

山田錦を40%精米し、
酒袋による槽の中取りの逸品。

穏やかで上品な吟醸香。

透明感とキレが良い味わいながら厚みがある旨味。

PICT_20170219_185655

青森 三浦酒造
豊盃 大吟醸 つるし酒

こちらも、
去年のこっそり会にあった日本酒です。

兵庫県西脇産の特別栽培米の山田錦を使い、
40%精米で仕込まれています。

酒袋を吊るし、
滴り落ちる雫を、
丁寧に時間をかけて集めた豊盃です。

落ち着きある、
そして貫禄ある風味と味わい。

まろやかでコクがあり、
誰しもが納得するだろう美味しさ。

今回の会で一番人気でした。

ここまでは去年と一緒で、
酒屋さんとの関係上、
手に入りやすいので、
同じ銘柄と青森続きでしたが、
ここからが今年初。

PICT_20161120_021835

三重 木屋正酒造
而今 大吟醸

PICT_20161120_021846

兵庫県産山田錦を、
40%精米で仕込まれた大吟醸。

多分出品酒の中で、
一番香りが強く、
旨味がある味わいでしたので、
ランクが上のお酒ばかりで、
似たような味わいの中、
皆さん一番印象に残ったようです。

PICT_20161208_202801

山形県 高木酒造
十四代 純米吟醸 酒未来

PICT_20161208_202809

今回の出品酒の中で、
唯一の純米吟醸。

でもそれが流石銘酒。

他の銘柄と引けを取らない味わいなんですよね。

この中では一番、
手に入りにくい希少酒なので、
十四代を最初に飲む方が多かったのですが、
他の銘柄も銘酒ばかり・・・。

意外と最初に終わってしまうと、
予想していたのですが、
後半まで残っていましたね。

今回美味しいとおかわりが多く、
最初に空になった銘柄・一番人気は、

豊盃 大吟醸 つるし酒
 
という結果に終わりました。

また、来年をお楽しみに・・・。