ようこそCUSCUSへ

東三河豊橋市で気ままにのんびりと続けている、 【CUSCUS】という酔風(洋風?)居酒屋の紹介とお酒や料理のブログです♪

スコッチ

BLACKADDER RAW CASK GLEN GARIOCH

【ブラックアダーロウカスク
 1992 23年 グレン・ギリー
PICT_20170205_182931

1995年に、
「ザ・モルトウイスキーファイル」 の著者である、
ジョン・レイモンドとロビン・トゥチェクが創業した、
ウイスキー専門のボトラーです。

創業当初から全て氷点下フィルターを使わず、
カラメル着色も行わずにボトリングされ、
樽の中の状態に極めて近いボトラーで知られています。

こちらのボトルは、
グレン・ギリー蒸留所の23年もの。

スコットランドでも例外的な低さの、
ボトリング工程で失われる量は1%未満の、
ブラックアダ―のボトリングですが、
このロゥ・カスクは、なんと0.5%未満。

樽を自宅に持ってきたような、
樽の中身の滓(沈殿物)もそのままボトリング。

除去しているのは、
大きな木片だけのカスク・ストレングス。

PICT_20170205_182938

空瓶も見て貰えばわかるように、
赤ワインばりの滓(オリ)が見られます。

ボトル後半は凄かったですよ~。

樽そのままのような、
ツンと感じる酸味ある香り。

バニラや焦がしたリンゴとシナモンを感じる、
アップルパイを思わせる香り。

とろりとした甘味があり、
胡椒のスパイシーさを感じながら、
ビターチョコレートのようなコクと苦味、
滓のせいかタンニンの渋味。

バニラアロマの風味とタンニンの渋みと、
スパイシーな余韻。
 

ジュラ ジュラックス オウン 16年

【ジュラジュラックスオウン16年
PICT_20161231_013728

スコッチウィスキーのシングルモルトになります。

バイキングの言葉で「鹿の島」を意味するジュラ。

スコットランド西岸に浮かぶ島に、
1810年以来ジュラ蒸留所はあります。

人口200人に対し、
野生の赤鹿が5000頭も棲み、
島には道路が1本しかないそうです。

良質なピートを含んだ濃い水と、
熟成に適した清澄な空気に恵まれていた為、
島でのウイスキー造りの記録は、
1502年までさかのぼるそうです。

そんな、
アイル・オブ・ジュラの16年もの。

PICT_20161231_013741

ジュラの特徴はアイラ系でありながら、
ライトボディーで飲みやすいイメージ。

16年は、
ウッディさとフルーティーさを感じ、
かすかにアイラ系特有の潮の香りがします。

まろやかな口当たりで、
クリーミーかつ、
オイリーなライトボディなのですが、
安定した旨味と甘みがしっかりとしていて、
繊細な甘みと塩気のバランスが良く、
フィニッシュも徐々に消えてく感じです。
 

Grant’s 12年

【Grant’s12年
PICT_20160714_195241

ウイリアムグラント&サンズ社の造る、
ブレンデッドスコッチウイスキー。

グレンフィディックでもお馴染みの、
三角柱のようなボトルが特徴です。

勿論グレンフィデックも同社が持つ蒸留所で、
ほかにバルヴェニー、キニンヴィの蒸留所も所有しています。

20種類以上のモルトが用いられているそうです。

こちらの 『グランツ12年』 は、
お客様から頂いたもので、
十数年か二十数年か覚えてないぐらい、
寝かされていたものだそう。

ラベルで調べても、
全然検索ヒットしなかったので情報がわかりませんが、
かなり古いのは間違いないですね。

テイスティングボキャブラリーに乏しいもので、
たいした事言えませんが、
落ち着いているのは勿論。

香りは弱めで、スムースな口当たり、
甘くふくよかな味わいと香りで、
ボディも心地よいぐらいのボリューム。

フィニッシュも綺麗にゆっくりと消えていく感じで、
最初から最後までバランスの良い仕上がりで、
良いウィスキーでしたよ~。

古いし、このころの情報が無いので、
瓶とっとこうかなぁ~。


 

オールドパー シルバー

オールドパー シルバー】
PICT_20160713_164933

スコットランドのブレンデッドウィスキー。

150歳以上生きたと言われるイギリスの農夫、
トーマス・パーにちなみ名づけられた『オールド・パー』。

ラベルにある老人が、
ルーベンスによる肖像画と彼の生没年が描かれています。

PICT_20160713_164941

そして、このシルバーは、
スコットランドを襲った大寒波の時に、
蒸留所の外に置き忘れたオールドパーの樽がありました。

極寒の中で冷やされることによって、
スムーズでまろやかな味わいになっていた事から、
-6℃のチルフィルターで、
その味を現代に甦らせたそうです。

PICT_20160713_164948

どことなく柑橘系を感じる香りと、
刺激的でありながらも、
スムーズな口当たりとマイルドな味わいで、
フルーティーな余韻。

ハイボール美味しそうです!




 

ウシュクベ リザーブ

【ウシュクベリザーブ
PICT_20160519_164229

イギリスは、スコットランドのブレンデッドウィスキーになります。

ウシュクベとは、
ゲール語で 「生命の水」 という意味で、
ウイスキーの語源といわれています。

当初1768年~1842年にかけては、
シングルモルトとしてつくられていましたが、
ウィリアム・グリゴール&社が買収してからは、
ヴァテッドモルトとなって販売。

1904年以降、
モルトに少量のグレーン・ウイスキーを加え、
ブレンデッド・ウイスキーになっていった流れがあります。

ですのでウシュクベの、
モルト含有量85%(リザーブは60%)という多さは、
このような歴史が背景にある上での事なのです。

PICT_20160519_164241

ボトルの裏に描かれている人物は、
スコットランドの詩人ロバート・バーンズの、
肖像画と詩の一節が記されています。

"Wi usuquaeba, we'll face the devil"
   (ウシュクベがあれば悪魔がいても平気さ)

このウシュクベ・リザーヴは、
25種以上の原酒を使用し、
最高18年熟成の原酒がブレンド。

インヴァー・ゴードン・ディスティラーズ社と、
深い関係にあるため、
タリバーディンやタム・ナヴーリンや、
ブリックラディックなどのモルト中心に仕上げられています。 

生産者は、トゥエルヴ・ストーン・フラゴンズ。

自分も初めて知ったのは、
陶器ボトルのウシュクベ・ストーン・フラゴンが、
以前勤めていましたBARにあり、それから知りました。

落ち着いた味わいで、
ブレンデッドとは思えないリッチ感。

香り豊かで、
飲み応えのある仕上がりで美味しいですね。

シェリー樽での仕上げ熟成により、
まろやかでコクがあり上品な味わい。


 
プロフィール

ぽりりん

人生を気が向くまま風の吹くままな、
飲み屋の店主をしています。
最近は飲みすぎで体調が心配になる年頃です。
こんなわたくしめの生活に必要の無いブログ内容ですが、
皆様の楽しみの一つにでもなっていただければ幸いです♪

酔風居酒屋cuscus

Facebookページも宣伝
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
ギャラリー
  • 連休のお知らせ
  • お休みのお知らせ
  • 連休のお知らせ
  • 連休のお知らせ
  • 連休のお知らせ
  • 連休のお知らせ
  • 連休のお知らせ!
  • 連休のお知らせ
  • 連休のお知らせ
  • 貸し切りのお知らせ
  • 連休のお知らせ
  • お休みのお知らせ
  • おかげさまで18周年を迎えることができました。
  • おかげさまで18周年を迎えることができました。
  • おかげさまで18周年を迎えることができました。
  • ライブドアブログ