ようこそCUSCUSへ

東三河豊橋市で気ままにのんびりと続けている、 【CUSCUS】という酔風(洋風?)居酒屋の紹介とお酒や料理のブログです♪

日本酒

第三回こっそり会

本日は第三回こっそり会。
 
今回もすぐに募集が埋まり、
参加者が決まってしまいましたので、
Facebookやブログでの募集はしませんでした。
 
本日参加の皆様はお気をつけてお越しください。
 
そして、ギリギリまで何にしようか悩みましたが、
今回も青森のお酒ばかりになってしまいました😅
  
PICT_20171107_003859

・善知鳥(うとう) 
   大吟醸 山田錦
     青森 西田酒造
 西田酒造の年に一度限定出荷の中取り大吟醸。
        
・花陽浴(はなあび) 
   純米大吟醸無濾過生原酒 山田錦直汲み 
     埼玉 南陽醸造
 花陽浴の夏季の一回限定酒。
 
・∧トO(やまとしずく) 
   純米大吟醸 秋田酒こまち
     秋田 秋田清酒(出羽鶴酒造)
 鑑評会用に醸した珠玉の純米大吟醸の金ヤマト!
  
・陸奥八仙(むつはっせん) 
  大吟醸 華想い
    青森 八戸酒造
 「インターナショナルワインチャレンジ2016」
 大吟醸の部で金メダルの中の最高栄誉、
 「トロフィー」も受賞!
  
・豊盃(ほうはい) 
   純米大吟醸 山田穂
     青森 三浦酒造
 年一回4月に出荷される、
 限定の山田穂仕込みの豊盃の純米大吟醸。
 
こちらの5本に決まりましたので、
参加される方々はお楽しみください。
 
そして本日はイベント営業となり、
当店は明日振替え休日となり、
お休みさせていたいただきますので、
ご了承ください。

錦鯉

錦鯉
PICT_20170109_191815

新潟にあります、
今代司酒造の醸す日本酒。

お客さんに頂いたのですが、
初めて聞く酒蔵に銘柄。

5月1日の「鯉の日」に、
発売される日本酒だそうです。

創業1767年という、
新潟の老舗酒蔵だった今代司酒造さん。

今代司酒造のある、
新潟市の沼垂地区は、
多くの酒蔵や味噌蔵、醤油蔵などが立ち並ぶ、
発酵食の町として知られています。

PICT_20170109_191706

ボトル自体が錦鯉の姿を表現!

個人的には、
錦鯉の柄が世界地図だったりとか、
日本地図だったりとかいう、
洒落が少々欲しかった。

鯉の形にくり抜かれた付属カートンに入れると
「錦鯉」が現れるという仕組みなんです。

PICT_20170109_191713

日本酒が樽で出荷されていた時代の頃・・・。

たくさんの量のお酒を売るために、
酒蔵は酒を酒屋に売る時に水で薄めて出荷し、
酒屋も消費者に売る時さらに水で薄める週間がありました。

そこで「金魚が泳げるほど水で薄められた酒」という、
揶揄を込めた「金魚酒」という言葉がありました。

今代司酒造は、
お酒を薄めることなく出荷していたそうで、
「今代司は「金魚酒」ならず、威風堂々たる「錦鯉」」
という言葉があったそうです。

PICT_20170109_191721

香りは少なく淡麗な味わいで、
華やかさもなくキレがとても良い。

逆にいうと、
酸も無く広がりもなく、
個性があまりないスッキリな味わい。

料理の味を邪魔しない味わいです。

 

美少年 零

美少年零】
PICT_20170103_174346

熊本県にあります、
(株)美少年が醸す日本酒。

昨日ご紹介した「ひめぜん」と一緒で、
自分が社会人になって頃から、
日本酒の銘柄を知りだした頃、
賑わせていました銘柄「美少年」

そんな 「美少年 零」は、
「宇宙戦艦ヤマト」(キャラクターデザイン)や、
「銀河鉄道999」の原作漫画家で知られる、
松本零士さんの作品、
「キャプテンハーロック」に登場する、
主人公のハーロックがラベルに描かれています。

松本零士の「零」には、
「終わりがない」という意味が込められており、
松本先生も、
「自分の名前がお酒になって嬉しい」とのこと。
 

ハーロックに憧れている方は、
ジャケ買いしちゃうかも。

PICT_20170103_174357

オール菊池で造り上げられた美少年の代表的銘酒。


オール菊池とは、菊池の原料米、菊池の水、
菊池の杜氏と蔵人で造り上げた日本酒というです。

日本酒ではじめて感じます、
ココアやアーモンドを感じるアロマ。


ふんわりとした米の旨味で、
スゥ~とキレてきます。

冷より常温の方が良さそうな味でした。



 

ひめぜん

【ひめぜん】
PICT_20170103_174508

宮城県にあります一ノ蔵本社の醸す日本酒。

まだ、自分が社会人にでて、
日本酒の事をまったく知らない頃。

華やかで非常に飲みやすく、
その当時から知っていた銘柄です。

懐かしくて久し振りに買ってみました。

フルーティーな香り、
さわやかな酸味と柔らかな甘みが、
バランス良く奏でるハーモニー。

アルコール8%と軽くて、
甘酸っぱくて飲みやすく、
女性にも人気出る味わい。

今では、「ひめぜん きりり」や、
「ひめぜん Ume」もあるそうです。

こちらの商品があるからこそ、
大人気の「すず音」が生まれたんでしょうね!

こちらを知った頃、
山口は五橋の「ねね」の事を、
知った記憶を思い出しました。
 

第二回こっそり会 出品酒と人気結果

第二回こっそり会出品酒説明
PICT_20161103_190530

青森 西田酒造
田酒 純米大吟醸 四割五分

田酒年一回の限定酒。

去年のこっそり会にもありましたね。

山田錦45%精米。

上品な香り、
旨味もしっかりあり、
バランスの良さは何も言う事ありませんね。

PICT_20170226_182450

青森 西田酒造
善知鳥 大吟醸

先程の田酒で知られる西田酒造の、
年一回の限定酒。

山田錦を40%精米し、
酒袋による槽の中取りの逸品。

穏やかで上品な吟醸香。

透明感とキレが良い味わいながら厚みがある旨味。

PICT_20170219_185655

青森 三浦酒造
豊盃 大吟醸 つるし酒

こちらも、
去年のこっそり会にあった日本酒です。

兵庫県西脇産の特別栽培米の山田錦を使い、
40%精米で仕込まれています。

酒袋を吊るし、
滴り落ちる雫を、
丁寧に時間をかけて集めた豊盃です。

落ち着きある、
そして貫禄ある風味と味わい。

まろやかでコクがあり、
誰しもが納得するだろう美味しさ。

今回の会で一番人気でした。

ここまでは去年と一緒で、
酒屋さんとの関係上、
手に入りやすいので、
同じ銘柄と青森続きでしたが、
ここからが今年初。

PICT_20161120_021835

三重 木屋正酒造
而今 大吟醸

PICT_20161120_021846

兵庫県産山田錦を、
40%精米で仕込まれた大吟醸。

多分出品酒の中で、
一番香りが強く、
旨味がある味わいでしたので、
ランクが上のお酒ばかりで、
似たような味わいの中、
皆さん一番印象に残ったようです。

PICT_20161208_202801

山形県 高木酒造
十四代 純米吟醸 酒未来

PICT_20161208_202809

今回の出品酒の中で、
唯一の純米吟醸。

でもそれが流石銘酒。

他の銘柄と引けを取らない味わいなんですよね。

この中では一番、
手に入りにくい希少酒なので、
十四代を最初に飲む方が多かったのですが、
他の銘柄も銘酒ばかり・・・。

意外と最初に終わってしまうと、
予想していたのですが、
後半まで残っていましたね。

今回美味しいとおかわりが多く、
最初に空になった銘柄・一番人気は、

豊盃 大吟醸 つるし酒
 
という結果に終わりました。

また、来年をお楽しみに・・・。

 
プロフィール

ぽりりん

人生を気が向くまま風の吹くままな、
飲み屋の店主をしています。
最近は飲みすぎで体調が心配になる年頃です。
こんなわたくしめの生活に必要の無いブログ内容ですが、
皆様の楽しみの一つにでもなっていただければ幸いです♪

酔風居酒屋cuscus

Facebookページも宣伝
livedoor 天気
ギャラリー
  • 本日はお休みします。
  • 謹賀新年
  • 年末のご挨拶とお休みのお知らせ
  • カリフローレ
  • カリフローレ
  • 振替休日のお知らせ
  • 振替休日のお知らせ
  • 振替休日のお知らせ
  • 第三回こっそり会
  • 連休のお知らせ
  • おかげさまで、CUSCUS18周年目
  • 桜明日香 VIVACE
  • 桜明日香 VIVACE
  • 桜明日香 VIVACE
  • 一粒の麦
  • ライブドアブログ